大阪狭山市 妊婦さん産後ママの骨盤ケア専門アラマルカ 安全なマタニティマッサージと産後骨盤矯正スクール    

お座りはじめました。

景色が違うわよ。

もうすぐハイハイしそうな娘さん。
高這いしてたら、お座りができてしまいました。両手が自由になって視界も開けるし、かなり楽しいみたいで歓びの声が響いています。


さて、この座る姿勢。出産してしばらくは、とてもつらく感じませんでしたか?

座るってどういること?
骨盤が安定して、その骨盤の上に上半身(背骨)が乗っかる形になります。腹筋や背筋もいる。なかなかバランスのいる姿勢です。

出産後は、赤ちゃんがいたおなかのスペースが空洞みたいな状態に。妊娠中は、おなかに力を入れないようにしていたので、いざおなかに力を入れたくてもどうしていいのか分かりません。


そのため座ると上半身がくしゃっと潰れてしまい、ひどい猫背になってしまいがち。授乳してると、背中も腰も首も痛くて痛くて…

じゃあ、おなかの力の入れるには、どうしたらいいの?

安定したお座りに憧れるわ!

生まれたてのふにゃふにゃだった赤ちゃんが、お座りが安定するまでをヒントに、呼吸法からリハビリをはじめます。
それから、ごろごろ寝返りしたり、うつ伏せでじりじり動いたり。

ぐいーと伸ばしてストレッチ。ふん!とがんばって鍛える。ている感覚ではありません。赤ちゃんみたいに動きながら自然に使っていなかった体をリハビリして楽に座れるようになりましょう。というのがアラマルカの産後の骨盤ケア教室

赤ちゃんの動きを体験すると、お子さんがどんなすごい毎日を過ごしてるかにビックリするはず。楽に安定して座る姿勢をお子さんと一緒に目指してほしいなーと思います。

大阪狭山市 AllaMarca アラマルカ
妊婦さんのマタニティマッサ-ジと産後骨盤ケア専門
*妊婦さんの整体・・・マタニティコース
*子育てママの産後ケア・・・産後ママコース
*教室・・・赤ちゃんに学ぶ産後の骨盤ケア教室
ご予約フォーム  /  お問合せ

これからのこと悶々と

パズルがブームやで!

これまでやってきたマタニティマッサージのサービスですが、今後は軸を骨盤ケア教室にシフトしていこうと思っています。
娘を出産して焦ってサロン再開したけれど、やりたいことが変わってきたことに最近気づきました。

自分自身が妊娠中子育て中も、サロンにいって癒されたい!ていう考えがそんなになかったこと。
子育てして仕事して、時間がないなかでできれば家でセルフケアして元気になれるのがいちばんだし。
妊娠中、産後と自分の体を実験台にどうやったら妊娠中も産後も痛みのない、快適な体作りができるかを模索してきて、いい感じにまとまってきた気がします。それを妊婦さん、産後の子育て中のママさんたちに伝えたい!ていう気持ちになってきたから。


マタニティマッサージからマタニティ・産後子育てママの骨盤ケア(セルフケア)教室にシフトするためにどうしていこうか。
ホームページこのままだとダメだよね。
動画で配信できたらいいな。撮影どうしよう。
とりあえず恰好から入ろうかしら。ヨガウェア買いにいく?
あとインストラクター講座も作りたい…


息子がパズルを毎日してるんですが、はじめはなかなか形が合わないんですよね。イライラしてピースを投げたりして、それでも毎日続けてるとちょっとずつできるように。「違うで。これはここでな、こうするねん。」と得意げに教えてくれるようになりました。


私の頭の中のパズルピースがカチッと合うにはちょっと時間がかかるかもしれません。 ちょっと立ち止まって本当にやりたいこと、伝えたいこと、必要とされてることを考え中です。
マタニティマッサージのサービス、もしかするとやめることになるかも。今までやってきたことを捨てるってなかなか怖いなぁ… けど、今までの経験が土台になってやれたらいいなぁ。
毎日、悶々としてます。

大阪狭山市 AllaMarca アラマルカ
妊婦さんのマタニティマッサ-ジと産後骨盤ケア専門
*妊婦さんの整体・・・マタニティコース
*子育てママの産後ケア・・・産後ママコース
*教室・・・赤ちゃんに学ぶ産後の骨盤ケア教室
ご予約フォーム  /  お問合せ

インスタグラムはじめました。

大阪狭山市 AllaMarca アラマルカ
妊婦さんのマタニティマッサ-ジと産後骨盤ケア専門
*妊婦さんの整体・・・マタニティコース
*子育てママの産後ケア・・・産後ママコース
*教室・・・赤ちゃんに学ぶ産後の骨盤ケア教室
ご予約フォーム  /  お問合せ

爬虫類から哺乳類へ 股関節の発達

前に進めないわよ

娘さん、爬虫類から哺乳類になりました。

ワニやトカゲのように歩くずりばいの姿勢は脚が体の外にでています。
四つん這いになると、脚の内側の筋肉が発達して脚が体の内側(下?)に入ります。

まだ体を床から浮かせた状態で安定しなくてなかなか前に進めず、横にごろんと転がっています。後ろ脚が強いのか、両脚で床を蹴ってぴょんとカエルみたいな動きをすることも… 両生類??

大腿骨(太ももの骨)が骨盤の臼蓋(くぼんでるとこ)にはまります。


赤ちゃんの股関節はまだ未発達。
股関節の臼蓋(青い●のところ)と呼ばれる部分 が平らで大腿骨がしっかりはまっていません。 四つん這いの姿勢 でこの臼蓋が発達していきます。
はいはいの姿勢は、特に腰や股関節など下半身を強くして、のちのち立って歩く準備になります。


娘は4ヶ月検診で股関節脱臼の要検査。
レントゲンを撮ったのですが、娘のレントゲンをみてこんなに不安定なんだ!とびっくりしたくらいです。


赤ちゃんに学ぶ産後の骨盤ケア教室では、四つん這いの姿勢でのエクササイズもします。
四つん這いで緩んだ骨盤、股関節をしっかり使って、骨盤を整えて体を安定させていきます。

なかなか前に進めない娘のところへ、はいはいでにじり寄っていくとニヤッと笑ってすごく嬉しそう。息子も保育園ではいはい体操してるみたいで一緒にやってくれます。
ママがエクササイズしながら、お子さんにはいはいの見本を見せてあげるのもオススメですよ。

大阪狭山市 AllaMarca アラマルカ
妊婦さんのマタニティマッサ-ジと産後骨盤ケア専門
*妊婦さんの整体・・・マタニティコース
*子育てママの産後ケア・・・産後ママコース
*教室・・・赤ちゃんに学ぶ産後の骨盤ケア教室
ご予約フォーム  /  お問合せ

ずりばいでくびれを作る

自由自在よ!

娘はずりばいが上手。お兄ちゃんはずり這いなしではいはいに移行したので、ずり這いの動きを見るのは新鮮です。
進むスピードも速くなって、気になるおもちゃやうみに突進しています。

昨日は娘を保育園に迎えにいくと、先生がベビーたちと一緒にずりずり床を這っててびっくり。まだずり這いできない子に見本を見せてあげてたみたいです。
先生、はぁはぁと息切れてました。がんばってくれてます。

ずりばい。お子さんと一緒にしてみてください。すごくしんどいんです。

ずりばいは体幹を使う動きで、さらに手と脚と体幹を連動させるのは意外と難しい!
娘もずり這いをはじめた当初は腕でぐいっと体を引き寄せていました。だんだんと手と脚が交互に出て、足先で床を蹴って、くねくねと前進するように。。。

ぐるっとまわって

ずり這いで前進するだけでもなかなかハード。そして、ぐるっと方向転換すると図のように左右の筋肉がしっかり伸び縮みして体にクビレが生まれます。

娘のぽってりしたおなかも心なしかスッキリしてきました。おむつを留める位置が変わってきたので気のせいではないはず。

赤ちゃんに学ぶ産後の骨盤ケア教室、STEP3ひき締める編では、こんなふうにずりばいの動きを入れて体にメリハリを作っていきます。

寝返りをしてこれからずりばいをする赤ちゃんに、ぜひママ&パパがお手本を見せてあげてください。
もう歩きはじめてるキッズもママと一緒に床をずりずり。遊びながら体幹を作ったり、運動神経を高めることができます。特に姿勢が悪いかも…と心配なお子さまは赤ちゃんの動きを取り入れた遊びがオススメです。

大阪狭山市 AllaMarca アラマルカ
妊婦さんのマタニティマッサ-ジと産後骨盤ケア専門
*妊婦さんの整体・・・マタニティコース
*子育てママの産後ケア・・・産後ママコース
*教室・・・赤ちゃんに学ぶ産後の骨盤ケア教室
ご予約フォーム  /  お問合せ
pagetop