大阪狭山市 妊婦さん産後ママの骨盤ケア専門アラマルカ 安全なマタニティマッサージと産後骨盤矯正スクール    

妊娠6ヶ月。軽いぎっくり腰に。

”D•w‚³‚ñ 3昨日、目が覚めると腰が抜けそうに痛い。

あ。ぎっくり腰だ!(歩ける程度の軽いぎっくり腰)

妊娠6ヶ月に入ってから、おなかは急成長。
なんとなく体のバランス崩れてきた?
前に出るおなかを、後ろ重心にして支えようとしてるみたい。

最近太もも裏やふくらはぎがつっぱった感じがあったんです。
しかも、薄着になってくる季節。
ふとおなかや仙骨をさわると冷たいときもあって。
まずいな~と思っていたときに、変な寝相&窓全開で寝てたので寝冷え。

妊婦さんの姿勢おなかぼん!
→バランスを取るために後ろ重心。踵に体重が乗る
→太もも、ふくらはぎが緊張
→骨盤後傾
→さらに冷えた
→ぎっくり腰

ベビーの成長はうれしいけど気を付けないと...

ぎっくり腰 妊婦ぎっくり腰は腸腰筋の痙攣です。

軽く動ける程度のぎっくり腰なら、
温める&腸腰筋のエクササイズですぐに緩和できるので、
今日は普通に生活できてます。

妊娠中にぎっくり腰なんて、かなり不安になることでしょう。

なによりぎっくり腰になる前の予防が大切。

足腰は冷やさない!
重心が踵に乗りっぱなしで骨盤を後傾させあないために、足の指のリハビリをオススメします。
妊娠中の姿勢③を参考にどうぞ☆

妊婦さんのマタニティマッサ-ジ専門アラマルカ
大阪狭山市より出張 堺市、大阪市内
マタニティコース 妊婦整体、恥骨痛、肩こり、足のむくみ
産後ママコース 産後骨盤ケア、腰痛、体質改善
ご予約フォーム / お問合せ
pagetop