大阪狭山市 妊婦さん産後ママの骨盤ケア専門アラマルカ 安全なマタニティマッサージと産後骨盤矯正スクール    

よーい、どん!

はよ行くで!

 

息子の体力が手におえない感じになってきました。

ずっと走ってるし、かなり速い。娘を抱っこしてると追いつかないんです。
道路では本当に危ないので、叱ることもしばしば。
命に係わるし、もう人目なんて気にしてられません。必死です。

保育園の運動会以来「よーい、どん!」がお気に入りで、散歩はダッシュ。
シャボン玉を追いかけるのが大好きなので、なかなか帰らないときは私がシャボン玉を吹きながらダッシュ。息子、追いかける。家に帰れる。というときもあります。

息子が満足するまで遊ぶのは、体力的に母はそろそろ限界です。

男の子てそんなもんよー。
と先輩ママから言われるんですがこんなもんなのかな。

家では、毎日ボール遊び。
球威が速すぎて見失うほどで、いろいろ破壊されそう。どうしたものか。

 

とにかく負けず嫌い。昨夜の寝言は泣きながら「できない!」でした。
公園でもボールをゴールに入れられなくて、仰向けでギャン泣き。

「くやしいなぁ。でもいっぱい練習したらできるようになるよ。お母さんみてるよ、大丈夫。」て言うと、落ち着いて真剣にボールをゴールにむかって何度も蹴る。だんだんできるようになる。すんごい嬉しそう。

「子どものとき、できなかったらどうしてた?」と夫に聞いたら「すぐ諦めてた」「そうやんなー。」「ははは」

できなくて泣くほど悔しいってどんなんだろう。息子よ。父と母はすごく普通で無難に生きてきたので、あなたの悔しい気持ちはイマイチよく分からない。でも応援している。

ありあまる体力とボールへの愛情。
どう応援していこうか模索中です。

突撃やでーーーーー!

大阪狭山市 AllaMarca アラマルカ
妊婦さんのマタニティマッサ-ジと産後骨盤ケア専門
*妊婦さんのマッサージ・・・マタニティコース
*子育てママの産後ケア・・・産後ママコース
*教室・・・赤ちゃんに学ぶ産後の骨盤ケア教室
ご予約フォーム  /  お問合せ

産後の目の疲れとリラックスのはなし

久しぶりにリラクゼーションサロンにいってきました。

娘の妊娠中は結局どこにもケアに行かず(行けず?)で、出産して4ヶ月半。
タオルでセルフマッサージしたり、骨盤エクササイズしたり。セルフケアには余念がありませんでしたが、それにも限界がきました。

ぜんぜん疲れが取れない!!朝からぐったり。。。

 

仕事を再開してから、パソコンを使うので目と頭の疲労が大変なことに、、、

授乳中は、東洋医学でいう血(けつ)の消耗が激しい時期。
目を使うと血(けつ)の消耗に拍車をかけるので、目は使わないほうが絶対良いです。
血(けつ)が不足すると、目の疲れにくわえて、精神的に不安定になったり(産後うつ)、疲れているのに眠れない不眠症に陥りやすくなります。

元気そうに見えても、出産後は無理するなかれです。

 

久しぶりにリラックスしようとしましたが、施術がはじまってしばらく、なかなか力が抜けなくてびっくり。
ずーーーと脳が昂奮状態でいたからでしょうね。

朝から息子と娘のお世話に、仕事と家事と。あれやこれやで1日が終わって、夜はまだ授乳があって、すぐ朝が来て...うまくオンオフの切り替えができず、常に臨戦態勢の心と体。

産後ママへのメッセージで“たまにはのんびりゆったりと”なんて書いてるけど、自分はこのありさま。仕事をはじめてから、息子が顔色を伺うというか私に気を遣ってると主人に言われて気付きました。そして眉間にしわ寄ってる!

だってやることいっぱいなんだもん。。。
でも、なにをそこまで頑張ってたんだろうと反省です。

 

アロママッサージ、やっぱり人の手はいいなーと思いました。いつの間にか意識が遠のいて、海に漂うクラゲの気分でした。

出産してから、疲れが取れない。いつもイライラ。笑顔が消えた。
そんなときはぜひ人の手に委ねてみてほしいです。

大阪狭山市 AllaMarca アラマルカ
妊婦さんのマタニティマッサ-ジと産後骨盤ケア専門
*妊婦さんのマッサージ・・・マタニティコース
*子育てママの産後ケア・・・産後ママコース
*教室・・・赤ちゃんに学ぶ産後の骨盤ケア教室
ご予約フォーム  /  お問合せ

男脳に届くベビーマッサージ

ここはどこ?

 

 

家族でスイートピーの久松先生のお宅へ遊びにいきました。
主人がベビーマッサージをレクチャーしてもらいました。

久松先生はベビーマッサージの理論をしっかり教えてくれるので、主人はベビーマッサージにドはまり。

例えば娘の足先がいつも冷たいことを相談した時。
足先は冷たくても良い。体の末端になる手足はラジエーターの役割をしているから。
外気温が低いときは、体の中心部の熱を逃さないために血管を収縮させて熱を逃がさないようにしている。
だから足先が冷たいのはOK。代謝が悪いとふくらはぎが冷えることがあるからそこは注意して...

 

なるほど!
マッサージをしていると冷たかった娘のおなか、脚全体がぽかぽか。
頭で理解しつつ、結果があらわれてくるもんだから主人大興奮。

「すごい!あったかくなってる!全然ちがう!毎日やりますね!!!」

毎日??おいおい。ほんまかいなー。
心のなかで突っ込みつつ、子どものために一生懸命なお父さんはほほえましかったです。

 

男性は、感情論よりも根拠のしっかりした理論的な話しが好きなんでしょうね。
久松先生のレッスンは最近パパも一緒に参加されるご家族が増えてきたそうで、その理由も納得でした。

 

娘は手をぎゅっと握ってたんですが、昨日からふわ~とパーにしてくれるようになりました。
洗うときに無理やりこじ開けてて、ちょっと淋しかったんですよね。
でも赤ちゃんてそんなもんやと思ってたんですが、手ふにゃっとなる!ひらいた手の指、かわいい!感動でした。

手をぎゅっとしているのは体の緊張からなんだそうです。ベビーマッサージをしっかりして体の緊張がとれたみたいで、両手を広げたりにぎにぎしてあげるとすごい笑顔で嬉しそう。

おなかも便秘がちでかちかち。
娘はガマン強いから今はぐずっていないけど、5,6ヶ月くらいから夜泣きがはじまるかもしれないから今からしっかりおなかのマッサージをしてあげてと教えてもらいました。

 

息子は起きてる間は走ったり飛んだりとすごく活発。寝る前は緊張を鎮めてあげるために肩甲骨の間をしっかりさすってあげる。
体力使い果たすまで保育園でも家でも遊んでるはずなのに、毎晩寝付くまで1時間ほどかかるのがどうにかならんかなーと悩んでいたところ。
その夜、早速試してみました。
いつもより静かになるのは早い!でもそこからがまだまだ。スイッチオフにされてるのに、ふらふらで遊ぶ息子。そこまでして遊びたいのね、、、
結果は寝かしつけ15分短縮。やった!

毎晩の肩甲骨マッサージを習慣にしたら、オンオフの切り替えがスムーズになってきそうな予感がむんむんでした。ストンと落ちてねんねしてくれる夜が楽しみです。

 

子どもは体の快不快をなかなか伝えられないから、こうやって毎日肌に触って変化を見つけてあげたいですね。全身触らせてくれるのは小さい間だけだろうし。
親子のコミュニケーションツールとして、ベビーマッサージは本当にオススメです。

久松先生、ありがとうございました☆

大阪狭山市 AllaMarca アラマルカ
妊婦さんのマタニティマッサ-ジと産後骨盤ケア専門
*妊婦さんの整体・・・マタニティコース
*子育てママの骨盤ケア・・・産後ママコース
*教室・・・赤ちゃんに学ぶ産後の骨盤ケア教室
ご予約フォーム / お問合せ

イヤイヤ期攻略完了?

産休のお知らせ
2018年11月より営業再開

自分でも大人げなかったと思ってるんやで。

 

2歳になった息子。
このところ赤ちゃん返りとイヤイヤ期が落ちついてきました。

赤ちゃん返りは肺炎で入院したときに悪化。私の顔をみれば「ぱいぱい。」もう呼び名が“お母さん”じゃなくて“ぱいぱい”。
今は1日1回だけ、寝る前はおっぱいOKタイム。母は息子に手を取られお布団まで連れていかれ「ぱいぱいここよー。」と寝る場所も指定されます。

 

イヤイヤ期は、言葉で意思を伝えられるようになってきたのもあって、一時期より全然落ち着いています。

食に関してはすごく執着があって大変でした。
「おかーり!いーぱい。いーぱいちょーだい!」
ダメ!ていうのもなんだかなぁで、スイートピーの久松先生に教わった作戦を試してみた。

とりあえず「いいよ!」作戦。
子どもはモノが欲しいんじゃなくてママンの愛が欲しい。だからまずは「いいよ!」

「おかーり!いーーーぱい!」
「いいよ、ちょっとね。」
「ううん。いーぱい!」
でも、おかわりの牛乳をちょろっとコップに入れるだけで満足してすたこらーとイスに座ってごくごく。
腹ペコじゃないときは、ほんとに効果を発揮しています。

「いいよ。明日ね。」「いいよ。帰ってからね。」

イヤイヤ期の息子に、だめ!と否定の言葉で接してると火に油を注ぐだけ。
できるだけ肯定の態度を心がけるようになってから落ち着いたように思います。

 

それからぐっと待つ。
子どもはマイペース。時間を気にすることなく、自分のやりたいことを今やる!やると決めたらやるの!だから思い通りになんてなりません。

朝、、たたき起こされてすぐに朝ごはん食べるはずもなく。
保育園にいかなきゃ!時計を気にしつつイライラ。「コレ食べる?」「これは?あれは?」とぐいぐい押し付ける。「いや!」「いや!」「いややーーー!ぎゃぁーーーーーー!きゃーーー!」
あぁ、今日も修羅場と化した。ぐったり。
こんな日が続いてて、イヤイヤ期は親が手出し口出しするもんじゃない。もう赤ちゃんのときと違ってきたんだと思い知らされました。

起こしたらしばらく抱っこしてよしよしして、テーブルに朝ごはんを置いておく作戦に変更。
5~10分で目が覚めてきて、テーブルのごはんが気になりだす。「お腹空いた?食べたかったら食べや。」と母は横で待機。

息子の自我は絶賛発達中。本人の意思に任せてみようじゃないか。
しかし、待つってしんどいですね。どうしても先回りして手出ししてしまうのをぐっとこらえて。

息子は食欲旺盛なので、放置しておくと「今日の朝ごはんなんやろ?」ふらふら~と朝ごはんに吸い寄せられていく。
食べだしたら早い早い。あれ、もうない。「ばな(バナナ)!ちょーだい!」「いいよー(まだ食べるんか!?)」もぐもぐ。ばいばーい!
ミッションコンプリート!スムーズに保育園に行ってくれた日は達成感すごいです。

 

赤ちゃんじゃないと言いつつも、まだまだ赤ちゃんみたいに甘えたいときもある。
主人は「甘やかしすぎ!」「自分でさせないと!」と怪訝な顔で言うけど、「今、甘やかさないでいつ甘やかすの?」

自分でしていいよ。でもできなかったらお母さん手伝うよ。
おぉー。これって困ったとき親にいつでも甘えられる。頼れる関係を作っていってるかも!

あれ、こんなことで落ち着いた。この作戦はダメかーー。がっかりー。
まだ試行錯誤で怒り爆発なこともありますが、イヤイヤ期の息子対策は日々更新。攻略まであとわずか??。

大阪狭山市 AllaMarca アラマルカ
妊婦さんのマタニティマッサ-ジと産後骨盤ケア専門
*妊婦さんの整体・・・マタニティコース
*子育てママの骨盤ケア・・・産後ママコース
*教室・・・赤ちゃんに学ぶ産後の骨盤ケア教室
ご予約フォーム / お問合せ

あの頃の自分にパンチしたくなった話し

産休のお知らせ
2018年11月より営業再開

そういうときもあるんやでーーーー。

 

写真は先月の1コマ。初めて海を見に行って砂浜で遊ぶかと思ったら、躊躇なく服のまま海に突っ込んでいきました。波にのまれても「へへ。」笑ってるし・・・。
それからしばらく思い出しては「うみ。ざぶーん。」と呟いて、よっぽど楽しかったみたいです。

 

さてさて、11月の営業再開に向けてホームページをみながらセラピストのためのマタニティケア講座産後の骨盤ケア教室のカリキュラムを修正しています。

講座受講の注意事項やキャンセル規定をみているとなんと高飛車な書き方してるんだろう。恥ずかしくて「きゃー!」と叫びたくなりました。
もう見ちゃおれん!ぱぱっと消して書き換えたので、今は見れないんですが…

こどもが病気?しかし当日キャンセルなんてありえんで!こっちは迷惑するんやで。分かってるんやろな。おらおら~。

そこまで書いてないんですが、ニュアンスはこんな感じ。

本当に。本当にすみませんでした。と当時の受講生さんやお客さまに言いたい。

 

子どもが病気を良くするのは分かってたつもりですが、そのときの親の心境なんて全然分かっちゃいない書き方ですよね。こちらの都合だけを主張してますがな。あぁ。もうやだ。やだやだ。あの頃の自分、殴ってやりたい。

誰も子どもを病気にしたい訳じゃないし、元気でいてほしい。
子どもはいつ熱が出るなんて分からなくて。でも勉強して今後に活かしたい。サロンを始めたい。すごい葛藤があるのに、上から目線でぴしゃり。とプレッシャーかけられたらどうしようもないですよ。

 

じゃあそのへんをどう解決するか。
臨月、産後すぐなど、焦って受講すべきでない時期はお断りしていますが、お子さんが小さいうちはどうするか。
ご主人やおばあちゃん。ご家族の協力と理解が必要だと思います。

マタニティセラピスト!やりたいことはこれだ!
出産してずっと家で過ごしていると社会から取り残された気分になってしまうママもいます。(私は今そんな感じ)
だから、気持ちが盛り上がって勢いのまま講座を申し込み送信ぽちーー!

でもちょっと待って。今、勉強しても無駄になっちゃいませんか?落ちついて勉強できる状況ですか?このタイミングで大丈夫ですか?

冷静になっても気持ちは変わらない、ご家族の応援や理解がある形のほうが絶対講座もその後も上手くいきます。

 

マタニティケア講座はこんな方にのページに下記の案内を追加しました。

妊娠中、産後すぐ、お子さまがまだ小さいママ

また妊娠中、産後すぐの方の受講はお体と赤ちゃんを第一に考えて、落ちついてからご連絡いただくことをオススメします。
小さいお子さんのお母さんも、お子さんの預け先や体調変化した場合など、長時間の講座を受講する場合は、ご家族の協力が不可欠です。早くサロンをオープンしたい!学びたい!社会復帰したい!と気持ちが熱く昂ぶってしまいがちです。受講を焦っていませんか?講座受講について、ご家族と相談されましたか?
いま一度冷静に検討する時間を設けてみてください。

 

私もまだ出産して4ヶ月足らず。
営業再開を焦ってる節があるので、このブログを書きながら冷静さを取り戻しています。
自分の体調。子どもたちに負担をかけないか。夫は応援してくれてるか。うみを寂しがらせないか。

そういうのを考えると、体のリハビリみたいに焦らずちょっとずつ。でも長く続けていけるようにしていこうと思います。
スタートダッシュは長続きしませんからね。

 

pagetop