大阪狭山市 妊婦さんのマタニティマッサージ専門アラマルカ 安全な妊婦整体と産後骨盤ケア 子連れOK

腰痛、股関節痛、背中のつらさに

16-05-31-15-14-32-360_deco18週に入って、ぐんぐんおなかが大きくなってきた!
体重が増加するのもあって、
今までの体のバランスとはだいぶ変化してきてるなーと実感します。

よく歩いた後、立ちっぱなし、何もせずだらだらしてても、体は疲れます。

ストレッチとか面倒だし~。
というときでもできる妊婦体操を考案したのでご紹介。

 

①仰向けで足首を持ちます。足はおなかにひっかからないようにがばっと開く。
②③左右にゆらゆらします。お尻から頭まで1本の軸で動く。

④はNG。下半身と上半身が捻じれてます。

※足首を持つだけで骨盤周辺に違和感や痛みを感じる。おなかがつらい妊婦さんはやめておきましょう。

 

股関節や骨盤周りの靭帯・筋肉にじわじわきます。
あと、目を瞑ってゆらゆらすると、とてもリラックス。

 

寝返りするころの赤ちゃんがこういう動きしてますよね。

脊柱起立筋という背骨の周りの筋肉を発達させる動きです。
脊柱起立筋は姿勢支持筋とも言われています。

姿勢が悪いときは、脊柱起立筋がお休み中なんです。
この動きで脊柱起立筋にスイッチを入れてあげると、姿勢がしゅっ。

体の疲れもなんだかリフレッシュされています。

 

 

妊娠中てほんとにセルフケアが大切です。

眠いしだるいし面倒くさい。
そう思ってさぼっちゃうと、あちこち痛みがでて「妊娠つらい~」となりそう。
自分自身のためにもおなかのベビのためにも、
ちょっとの時間をセルフケアに使ってみましょう☆

妊婦さんのマタニティマッサ-ジ専門アラマルカ
大阪狭山市より出張 堺市、大阪市内
マタニティコース 妊婦整体、恥骨痛、肩こり、足のむくみ
産後ママコース 産後骨盤ケア、腰痛、体質改善
ご予約フォーム / お問合せ

妊娠中、産後もOK。足首すっきりエクササイズ

妊婦 足首 むくみ むくむ ストレッチ 解消

足首のココ!
足首をぐっと伸ばして、チェッキングしてみてください。

たるみませんか?

 

足のむくみや、だる重さ、足首が硬いなど。
妊娠中や産後も、こんな症状があると、足首がすっきりしません。

“妊婦はむくむ”のが当たり前ではないです!
足首がきゅっとくびれている妊婦さんもいます。

 

妊婦 足首 むくみ むくむ 解消

足首を曲げ伸ばしします。
それだけです。※仰向けで寝ててもOK

ちょっとコツがあって、

◆足首を曲げる時、すねの前側をしっかり収縮させる。
◆足首を伸ばすとき、足の指をできるだけ遠くにもっていく。

この動作をじわっと力をいれながらおこないます。
※息を止めないように注意です!

なんとな~くやってしまうと、効果はありません。

 

 

普段、全く使っていない筋肉の硬さに気付くと思います。
使ってない筋肉の硬さが、足首のたるみの元。

 

この動きだけで、足がぽかぽかしませんか?

足の冷え、むくみ、たるみ。
夏に向けて、すっきり解消していきましょう☆

子育て中は背中が痛い!簡単すっきりエクササイズ

産後の肩こり 背中痛い マッサージとストレッチ 子育て中

産後、子育てがはじまるとひどい猫背に。
「背中が痛い!」

精神的にもキツイ症状のなか、抱っこして授乳して。

 

もうムリ…

つらい気持ちになってしまいます。

なかなかマッサージや整体に通えない。
そんなママに、手軽にできる体のリセット方法をご紹介。

1.仰向けで、膝を立てる

2.左右にごろごろ

ポイントは左に体重をかけるときは、
右半身が浮くくらい、しっかり体重を乗せること。

ごろごろ、ぐだぐだしてください。

 

猫背の姿勢でくたくたになった、
背中の筋肉をマッサージ。
しかも普段使ってないインナーマッスルにもスイッチオン。

子育て中は、前かがみの同じ姿勢が続きます。
固まった体をほぐして、

気持ちもリセットしてくださいね☆

妊娠中、肩こりに悩む妊婦さんもできる簡単エクササイズです。

 

 

妊娠中の姿勢③

妊娠中の姿勢①で、あなたは今どういう姿勢なのか。
妊娠中の姿勢②で、姿勢が悪くなる原因について。

いよいよ、悪い姿勢の原因、足の指のリハビリです。

実はすでに紹介しています。
妊婦さんの足のむくみ解消ストレッチ①のタオルエクササイズ。

 

「えー、また同じ?」
と思われるかもしれません。

でも同じエクササイズで
姿勢が良くなって、足のむくみや冷えが改善。

かなり一石二鳥です。

2015-01-08-13-26-08_decoポイントは小指から掴みにいくこと!
親指からではありません。

妊婦さんの足のむくみ解消エクササイズ&ストレッチ

小指から、最後は親指で。
5本指でしっかりタオルを掴みます。
掴めない人は、タオルをたぐり寄せるだけでもOK。

 

1日、数分で十分です。

妊娠中の姿勢

足の指のリハビリをすると、
立っているときに、足裏全体が地面に着きます。
膝はピンと伸ばすのではなく、かる~く曲げます。

そうすると、肩のチカラが抜けます。

妊娠中の姿勢足の指が地面を支えず、踵に体重を乗せたまま、
姿勢を良くしようとしていませんか?

腰を反る人も多いです。
腰痛になるだけでなく、太ももに力が入ります。
これが下半身が太くなる原因!!!

 

今回、紹介した姿勢改善のリハビリ。
アラマルカのマタニティコース産後ママコース
パパママ姿勢教室にて、詳しくお伝えしています。

妊娠中だけでなく、産後の姿勢の悪さ。
気になる骨盤の歪み。

ポイントが分かれば、ご自身で簡単に整えられるんです。
産後の骨盤調整では呼吸法をプラス。
骨盤を引きしめます☆

 

妊娠中の姿勢②

妊娠中の姿勢①で紹介した
妊婦さんの姿勢が悪くなる原因について。

 

その悪い姿勢の原因は、足の指が動いていないから。

踵や小指側に体重が乗って、
それ以外の部分は浮いている状態なんです。

極端にいうと、
踵という点でカラダを支えて、バランスを取ろうとしています。

体のバランスが土台から崩れ、
たおれないように、無意識に力んだ姿勢に。
肩こりや腰痛、疲れやすいのはそのためです。

 

では足の指が動いているかチェックします。

妊娠中の姿勢ぐーして。妊娠中の姿勢ぱー。

妊娠中の姿勢ぐーは水色のライン(MP関節から曲げます)

 

もし妊娠後期でなく、足先に手が届く妊婦さんは、もう1つ。

妊娠中の姿勢足の指を1本だけ独立させて、ぴこぴこ動かします。
写真では、薬指以外の指を手で固定。薬指をぴこぴこ。

5本指、それぞれ順番にチェックしてみてください。

 

いかがですか?

ほとんどの人が思い通りに力が入らないし、足の指は開きません。

足の指に神経が通っている感覚がないかもしれません。

 

カラダを支えるはずの指が機能していない

↓↓↓

姿勢が悪くなる!!

 

次回、妊娠中の姿勢③にて、
その動かなくなった指のリハビリ方法を紹介します。

足の指のリハビリだけで、姿勢が良くなるの?
と、ギモンに思うかもしれませんね。

でも、アラマルカではこの足の指のリハビリが好評。
目からウロコ状態。
ほとんどの妊婦さんが姿勢改善につながります☆

 

pagetop