大阪狭山市 妊婦さんのマタニティマッサージ専門アラマルカ 安全な妊婦整体と産後骨盤ケア 子連れOK

妊娠後期、足裏がほてる

産休のお知らせ
妊娠出産準備のため長期休業中
営業再開は2019年春頃を予定しています

妊娠後期に入ってから、足裏が熱い。ほてる。と感じるようになりました。

特に寝る前でしょうか。

 

妊娠中のお客さまから、よくこの足の火照りは相談されていたのですが、実際なってみると...

なんと不快なことか!!!

びっくりです。

 

この足のちりちりするようなほてり。原因は冷え症です。

足が熱いので、冷えが原因だとは思い至らないかもしれませんね。
でも、冷え症がさらに進行すると火照りの症状がでます。

足が熱いので足を水につけたり冷えピタしたりと、さらに冷やすことでほてりを取ろうとしてる妊婦さんも多いようです。

 

今回の妊娠中の過ごし方を振り返ると。
足湯、お灸はしない。
朝風呂なんてできる訳もなく、夜は息子をお風呂に入れるのに必死でゆっくりできない。
靴下履かずに毎日素足。夜の楽しみはあずきバー。

おなかやお尻を触れば冷たいです。

ダメなことばかりです。

 

冷えはホントにいけません。
お腹のベビーも寒がっています。分かっちゃいるけれど、なかな体をケアする時間、気持ちを持てず反省。

せめて、寝る前に足のマッサージをして足裏のほてりを解消しています。

足裏に親指を重ねて(図では重ねてませんが)、指先に体重をかけていきます。
オイルを使うとスルッとやりやすいです。

手の力だけですると疲れちゃうので体重をかけるのがポイントです。

指先に熱がたまりやすいので、足の指も1本1本きゅきゅ~としてあげてください。

余裕があればふくらはぎもマッサージ。
足首から膝裏に向かって熱を流すイメージです。

 

足裏がほてったままだと、全然眠れません。
妊娠後期に入ると、ただでさえトイレにいったり、息苦しさを感じて眠りが浅くなってます。
少しでも不快な症状を改善して、良い眠りをとってくださいね!

 

大阪狭山市 AllaMarca アラマルカ
妊婦さんのマタニティマッサ-ジと産後骨盤ケア専門
*妊婦さんの整体・・・マタニティコース
*子育てママの骨盤ケア・・・産後ママコース
*教室・・・赤ちゃんに学ぶ産後の骨盤ケア教室
ご予約フォーム / お問合せ

 

妊婦だから?耳抜きできなくて会話ぼわぼわ

妊娠初期からたまにある耳トラブル。
耳鳴りのときもあるけど、いちばん多いのが耳抜きができなくなる症状。
決まって、睡眠不足がひどい時だと思います。
あと、湿度が高い時もそうかも。

耳抜きができなくて、頭にキツめのヘルメットをかぶったみたいに。
ぼわーぼわー。自分の声の大きさがつかめない。声がすごく遠くなって困ります。

b811b9a1c0fe852239cb82ce6387e8d0_s
耳の上ぐるっと、頬骨(エラ)のあたり、耳たぶの後ろ、顎(下からぐっと指を入れて)。
この4ポイントを中心に頭と顔のマッサージをすると、耳が抜けやすくなります。

 

耳鳴り、難聴のツボで、耳鳴り解消のツボを紹介してますが、耳抜きができなくなったらとりあえず耳の周りを優しくマッサージしてみてください。
睡眠不足や疲労、首肩こりで、頭部がごりごりに固まってると、リンパ節や神経が圧迫されるので、耳に影響がでやすいです。

 

耳のトラブルは、むくみ、寝不足、疲労だけじゃなく高齢出産も関係してる場合が多いです。

なんせ38歳。

おなかのベビーにエネルギーを送って、日々育ててるんだもの。
比較的元気だけれど、体に負担がないはずがありません。難聴と腎虚の話し

安定期だからといって、調子乗ってたらあかんなぁ。。。
耳抜きできなくて、ぼわぼわな会話してるときは特に思い知らされます。

 

妊婦さんのマタニティマッサ-ジ専門アラマルカ
大阪狭山市より出張 堺市、大阪市内
マタニティコース 妊婦整体、恥骨痛、肩こり、足のむくみ
産後ママコース 産後骨盤ケア、腰痛、体質改善
ご予約フォーム / お問合せ

妊婦は背伸びダメ??

015756

妊婦って背伸びはダメなのでしょうか?

妊娠中、手を水平より高く上げてなかった。
そんな妊婦さんは多いです。

 

背伸びダメ!
丸まった背中で、肩がこった。手がむくむ。しびれる。

 

ゆっくり腕を上にあげてみてください。肩を回してみてください。
動きが良くなってきたら、じわっと背伸び。

めっちゃ気持ち良いです。

指先まで血液がどば~と流れるのを感じられるかも。

 

 

子宮がひきつる。痛い。
そんな妊婦さんもいるでしょう。

体を動かさず同じ姿勢でいることで、
子宮を含む、体の中の内臓を支える靭帯が固まってます。

息を吐きながら、ゆっくりゆっくり。
丸まった体を解放していってください。

 

健康な妊婦さんなら、背伸びしただけで切迫早産につながることはないはずです。
それよりも体に心地よいことをどんどん取り入れていってください。

手のしびれやむくみ、肩こりの予防は、
背伸びしたり肩を回したり。そんな簡単なことでケアできます。

 

私の場合、妊娠初期からストレッチしたり普通に体を動かしてきました。
もともとの体力や運動経験なども関係するので、
無理しない範囲で、自分の体とおなかの赤ちゃんと相談しながらゆっくり試してみてください☆

妊婦さんのマタニティマッサ-ジ専門アラマルカ
大阪狭山市より出張 堺市、大阪市内
マタニティコース 妊婦整体、恥骨痛、肩こり、足のむくみ
産後ママコース 産後骨盤ケア、腰痛、体質改善
ご予約フォーム / お問合せ

腰痛、股関節痛、背中のつらさに

16-05-31-15-14-32-360_deco18週に入って、ぐんぐんおなかが大きくなってきた!
体重が増加するのもあって、
今までの体のバランスとはだいぶ変化してきてるなーと実感します。

よく歩いた後、立ちっぱなし、何もせずだらだらしてても、体は疲れます。

ストレッチとか面倒だし~。
というときでもできる妊婦体操を考案したのでご紹介。

 

①仰向けで足首を持ちます。足はおなかにひっかからないようにがばっと開く。
②③左右にゆらゆらします。お尻から頭まで1本の軸で動く。

④はNG。下半身と上半身が捻じれてます。

※足首を持つだけで骨盤周辺に違和感や痛みを感じる。おなかがつらい妊婦さんはやめておきましょう。

 

股関節や骨盤周りの靭帯・筋肉にじわじわきます。
あと、目を瞑ってゆらゆらすると、とてもリラックス。

 

寝返りするころの赤ちゃんがこういう動きしてますよね。

脊柱起立筋という背骨の周りの筋肉を発達させる動きです。
脊柱起立筋は姿勢支持筋とも言われています。

姿勢が悪いときは、脊柱起立筋がお休み中なんです。
この動きで脊柱起立筋にスイッチを入れてあげると、姿勢がしゅっ。

体の疲れもなんだかリフレッシュされています。

 

 

妊娠中てほんとにセルフケアが大切です。

眠いしだるいし面倒くさい。
そう思ってさぼっちゃうと、あちこち痛みがでて「妊娠つらい~」となりそう。
自分自身のためにもおなかのベビのためにも、
ちょっとの時間をセルフケアに使ってみましょう☆

妊婦さんのマタニティマッサ-ジ専門アラマルカ
大阪狭山市より出張 堺市、大阪市内
マタニティコース 妊婦整体、恥骨痛、肩こり、足のむくみ
産後ママコース 産後骨盤ケア、腰痛、体質改善
ご予約フォーム / お問合せ

姿勢を良くするって??

sisei

産後の骨盤ケア講座の話し。
セラピストやインストラクターの方は、
良い姿勢をクライアントさんにレクチャーすることもあるでしょう。

だけど、姿勢ってどう見るの?と
イマイチ分からない部分が多いです。

 

“姿勢の評価”という方法があって、
姿勢の見方を指標としてあらわしています。

壁に背中をついて、腰にこぶし1個分。
耳の穴と肩の端、股関節、膝の横、外くるぶしが1直線に並ぶように。

そう教えられます。

 

すると「結構しんどいやん!」とつぶやいてしまいます。

この姿勢にしようと思ったら、
背中や足、首の後ろがガチガチになるんです。
肩こり、腰痛が治りそうな気配はしません。

でも、これが一般的な“The良い姿勢”として広まってしまってます。

真っ直ぐ=良い姿勢
というイメージになるから。

私自身も、以前この姿勢の評価を習ったものの、ずーーーと腑に落ちずにいました。
「この姿勢の見方。良い姿勢ってなんか違うんじゃないか」
そういうセラピストさんが多いはずです。

 

アラマルカでは、このような姿勢の矯正はしません。
だって、あまりにも不自然だから。

妊娠中や産後の良い姿勢てどんな姿勢でしょう?
見た目も、体の感覚的にも自然な立ち方を目指します。

妊娠中おなかが大きくなっても、産後、子育てをしながらでも、
もっと楽に立てるようにヒトの骨格は作られてます。

 

そのために、足の指をリハビリして、
体の土台となる部分からバランスを取り戻すレッスンをしてます。

体の感覚が「これは楽!」と教えてくれる。
そして、今までのもやもや解消!
納得してお客さまに伝えられるようになります。

姿勢の見方、なんか違うなぁ。どうしよう~。
とお悩みの方はぜひ学びに来てください☆

 

妊婦さんのマタニティマッサ-ジ専門アラマルカ
大阪狭山市より出張 堺市、大阪市内
マタニティコース 妊婦整体、恥骨痛、肩こり、足のむくみ
産後ママコース 産後骨盤ケア、腰痛、体質改善
ご予約フォーム / お問合せ
pagetop