大阪狭山市 妊婦さん産後ママの骨盤ケア専門アラマルカ 安全なマタニティマッサージと産後骨盤矯正スクール    

妊娠後期、足裏がほてる

産休のお知らせ
ただ今産休中です
営業再開は2019年春頃を予定しています
2018年11月より営業再開

妊娠後期に入ってから、足裏が熱い。ほてる。と感じるようになりました。

特に寝る前でしょうか。

 

妊娠中のお客さまから、よくこの足の火照りは相談されていたのですが、実際なってみると...

なんと不快なことか!!!

びっくりです。

 

この足のちりちりするようなほてり。原因は冷え症です。

足が熱いので、冷えが原因だとは思い至らないかもしれませんね。
でも、冷え症がさらに進行すると火照りの症状がでます。

足が熱いので足を水につけたり冷えピタしたりと、さらに冷やすことでほてりを取ろうとしてる妊婦さんも多いようです。

 

今回の妊娠中の過ごし方を振り返ると。
足湯、お灸はしない。
朝風呂なんてできる訳もなく、夜は息子をお風呂に入れるのに必死でゆっくりできない。
靴下履かずに毎日素足。夜の楽しみはあずきバー。

おなかやお尻を触れば冷たいです。

ダメなことばかりです。

 

冷えはホントにいけません。
お腹のベビーも寒がっています。分かっちゃいるけれど、なかな体をケアする時間、気持ちを持てず反省。

せめて、寝る前に足のマッサージをして足裏のほてりを解消しています。

足裏に親指を重ねて(図では重ねてませんが)、指先に体重をかけていきます。
オイルを使うとスルッとやりやすいです。

手の力だけですると疲れちゃうので体重をかけるのがポイントです。

指先に熱がたまりやすいので、足の指も1本1本きゅきゅ~としてあげてください。

余裕があればふくらはぎもマッサージ。
足首から膝裏に向かって熱を流すイメージです。

 

足裏がほてったままだと、全然眠れません。
妊娠後期に入ると、ただでさえトイレにいったり、息苦しさを感じて眠りが浅くなってます。
少しでも不快な症状を改善して、良い眠りをとってくださいね!

 

大阪狭山市 AllaMarca アラマルカ
妊婦さんのマタニティマッサ-ジと産後骨盤ケア専門
*妊婦さんの整体・・・マタニティコース
*子育てママの骨盤ケア・・・産後ママコース
*教室・・・赤ちゃんに学ぶ産後の骨盤ケア教室
ご予約フォーム / お問合せ

 

妊娠中の倦怠感。原因はごはん!

産休のお知らせ
妊娠出産準備のため長期休業中
営業再開は2019年春頃を予定しています
2018年11月より営業再開

妊娠中期から後期にかけて、毎日ひどい倦怠感で憂鬱でした。

妊娠初期のむかむかが原因のものとは全然違う感覚。
とにかく重だるくてなんにもしたくない。

体重もどんどこ増える一方で、今日も息子と公園行くのかーと思うとぞっとしてました。

 

妊娠9カ月を目前にしたある日。
胃腸炎で3日間ほとんど食べれない日が続き、その後も食事量を普段よりかなり控えめにしました。

あら!するとどうでしょう!

体がめちゃくちゃ楽。
軽い!
楽しい!!

あ!あの倦怠感の原因て、食べ過ぎてたからだったんだ!!

ようやく気付きました。

 

息子と公園にいかないと。
体力いるし、おなかの赤ちゃんのためにもしっかりめに食べよう♪
ごはん、おいしーなー。

ふ~。だるい~。
もしかしてエネルギー足りてない?もっと食べよう!

なぜ気付かない??すごい悪循環でした。

お米が大好きで、1合くらいはぺろりといってたかもしれません。

そりゃあ、胃腸にも負担がかかります。
常に消化しないといけない状況です。

胃は子宮で圧迫されてるし、いつも食べ物が入ってくるしで休む暇はありません。
消化不良を起こして、老廃物が体に溜まりやすくなります。
そうなると、胃腸だけでなく体の解毒作用を担ってる肝臓も機能低下をおこします。
内臓が弱ると血流が悪くなって体も冷えます。

活動的になんてなるはずがありません。

 

 

それからは、基本的におなかが空くまで食べないことにしました。
昼ごはんは普通に食べて、朝夜はかなり少な目。

内臓が元気になってきて、体の毒素が抜けてきたんでしょうね。
この体の軽さ!血液が流れてるのを実感します。

その結果
→睡眠の質が良くなった
→お通じが改善した
→体重の増加がすごーくゆるやかになった
→鬱々しなくなった

 

お外は楽しいで!

息子と散歩にいくのも億劫ではなくなりました。ほんとに良かった…

 

妊娠中の倦怠感、疲れやすさはホルモンバランスの変化、働き過ぎ、ストレスなどもあります。
私の場合は、単純に食べ過ぎが原因。

妊娠中てちょっとしたことで体のバランスが崩れます。
内臓が元気てとても大切で、食生活はほんとに基本になりますね。

 

大阪狭山市 AllaMarca アラマルカ
妊婦さんのマタニティマッサ-ジと産後骨盤ケア専門
*妊婦さんの整体・・・マタニティコース
*子育てママの骨盤ケア・・・産後ママコース
*教室・・・赤ちゃんに学ぶ産後の骨盤ケア教室
ご予約フォーム / お問合せ

 

妊婦歩く=安産?

産休のお知らせ
妊娠出産準備のため長期休業中
営業再開は2019年春頃を予定しています
2018年11月より営業再開

 

はやい!速すぎるでーーー

(この後、こけました)

 

 

息子は坂道を上って下るのが楽しいらしいです。
下り坂で風を切る疾走感がたまらないんでしょうね。

しかも下り坂を走ると、頭が張子の虎みたいにゆらゆら。かわいいです…

妊娠7カ月に入って、まぁまぁおなかの重さも気になりつつ、わんぱく息子のお供に明け暮れる日々。

 

こんなに毎日歩いて走ってなんて、1人目の妊娠ではなかったなぁ。

息子は10月生まれだったので、妊娠後期の頃は猛暑でダウンしてました。

体が重い。呼吸が苦しい。無性に眠い。
それでも夕方は「歩かねばならぬ」とウォーキングに出かけていた記憶が。
あれってストレスになってたのかしら。

 

妊娠中に歩くと安産になると言われていますが、今回はどうなんでしょうね。

 

息子のときの分娩時間はがっつりみっちり36時間。

私の母は難産で私と姉を出産したらしく、その話しを先生にしたら「じゃあ時間かかるかもねー」と嫌な予言。
うふふ。まさかねーと思ってましたが、その通りになってしまいました。

あの時は破水から始まって24時間経過しても生まれず、助産院での出産は微妙な雰囲気に。
でも、息子の心拍が下がらず、彼ががんばってくれたおかげで助産院にて無事産まれてきてくれました。

 

そんな経験もあり、どんな出産になるかは体質によるものも大きいんだなーと実感。
出産に対する恐怖心やら、体が冷えていたりっていうのもあるかもしれません。

お客さまには、なんにもしてないけどするりっ!と出てきたという方もいます。

 

だからといって、歩かなくてもいいの?ノンノン!そうじゃない!と言いたいです。

歩くことで気分転換になるし血行も良くなります。
股関節や骨盤周辺の筋肉靭帯を柔軟にして分娩時に子宮口がひらきやすくなります。

ただ、ここで骨盤が歪んでると大変。
歩けば歩くほど負担がかかって、股関節痛や腰痛になることもあるんです。
骨盤の歪みを整える骨盤ケアもプラスして、歪みのない状態で歩いてほしいです。

 

私は36時間のお産で性も根も尽き果てながらも、産後は順調に回復。
なので、ウォーキングで体力ついてたんだし、骨盤ケアで産後も元気だったってことで、妊娠中のがんばりは無駄じゃなかったはずだと言いきかせています。

最終的にどんなお産であっても、わが子が健やかに生まれてきてくれればそれでいいんです。

 

大阪狭山市 AllaMarca アラマルカ
妊婦さんのマタニティマッサ-ジと産後骨盤ケア専門
*妊婦さんの整体・・・マタニティコース
*子育てママの骨盤ケア・・・産後ママコース
*教室・・・赤ちゃんに学ぶ産後の骨盤ケア教室
ご予約フォーム / お問合せ

【妊娠中&産後】骨盤の歪みを予防する

産休のお知らせ
妊娠出産準備のため長期休業中
営業再開は2019年春頃を予定しています
2018年11月より営業再開

 

朝起きたら歩けなくなるほど腰が痛いことがあります。

先日、歩けないほどの腰痛になったときに痛感したのは、睡眠中の姿勢の大切さ。

妊娠中、産後は骨盤がひらいているので、歪みやすい状態。
寝るときの体勢は気をつけたいものです。

横向きになったときは、骨盤が捻じれてしまうことがあります。
骨盤をねじるような姿勢で何時間もいれは、そりゃ骨盤はがったんと歪みます。

 

横向きに寝る時は、抱き枕か枕やバスタオルをたたんで足に挟むようにしてみましょう。

腰が驚くほど楽なんです。

 

ひとりめ出産後は横向きに寝てると、骨盤の上になった部分がずず、ずずずーと地すべりみたいにずれていく感覚があるくらいでした。

足の間にちょこっとクッションをインするだけで、快適になるものです。

 

春はぎっくり腰の季節といわれるほど。注意です!
腰痛予防のために、下半身を冷やさないことも忘れずに。
そして抱き枕を使って、骨盤の歪みからくる腰痛を予防してみてくださいね。

 

大阪狭山市 AllaMarca アラマルカ
妊婦さんのマタニティマッサ-ジと産後骨盤ケア専門
*妊婦さんの整体・・・マタニティコース
*子育てママの骨盤ケア・・・産後ママコース
*教室・・・赤ちゃんに学ぶ産後の骨盤ケア教室
ご予約フォーム / お問合せ

妊娠5ヶ月の腰痛、、歩けない!?

産休のお知らせ
2017年11月より、妊娠出産準備のため長期休業中
営業再開は2019年春頃を予定しています
2018年11月より営業再開

 

今年の厳しい寒さもちょっと緩んできました。

日が長くなってきて、日差しのぽかぽかが気持ち良いときも。

あー。春だ~。

ある日、いつもより少しだけ薄着して、腰にカイロを貼らずにおでかけ。

久々の陽気にフライングして冬眠から目覚めちゃったカエルってこんな気持ちなんだろうな。。。

 

そして、翌朝。

むむ。腰が痛い。
下半身がついてこない。

腰が抜けそうで動くのが怖いんです。

息子の抱っこにも激痛が走る。

 

幸い夫が休みだったので、極力抱っこ回避。
足湯して、痛くない程度に体を動かして。

治るのに2日間。

あの腰が抜けそうな感覚は恐怖です。

 

腰痛の原因

■寝る前のエクササイズをさぼる日が多かった。
→歪みをリセットしなかった
■薄着になって、冷えた
→筋肉が緊張して骨盤を歪ませた
■寝るときの変な姿勢(息子が横、うみが足元にいるので、寝返りができない)
→寝返りも立派な整体です

そろそろ子宮が大きくなりだして、骨盤の広がりが気になる時期。
そんなときに、骨盤を歪める生活をしているとこんな痛いことになってしまいました。

 

 

①足首を持って、横にごろごろ 
骨盤の歪みをリセット  歪んでると骨盤がごりごり鳴ることも

②丸まります
骨盤を後傾させます
おなかが大きいときは膝をもって少し丸まるだけでOK。

③じんわり伸び
骨盤を前傾させます
尾骨で床をじんわり押すイメージで
②と③で骨盤の前後運動になるので、何度か繰り返します

④骨盤を持ち上げる
両ひざを立てて、骨盤を高く上げる。おまたを締める感じで
子宮が上がるので切迫早産の予防にも

⑤はいはい
股関節や肩関節を正しい位置に。肩周りや腰回りを柔軟に

⑥お尻ふりふり
四つ這いで、お尻を後ろ、左右、気持ち良い方向にゆっくりふりふりします
骨盤や股関節周りの筋肉が動かされます

※呼吸を止めないように、しっかり吐くことを意識して、リラックスしておこなってください
※①~⑥を何度か繰り返します できるものだけでも全然OK

 

今回の腰痛。
赤ちゃんに学ぶ産後の骨盤ケア教室でしてる動きで骨盤の歪みを戻しました。

他にもタオルを入れてマッサージしたりしましたが、やっぱり自分で体を動かして、内側からリセットするのがいちばん効果があるように感じました。

腰は痛いけど、じっとしているともっと痛くなります。
冷えをとって、できるだけ体を動かして骨盤を整えることが大切です。
※くれぐれも無理のない範囲でですよ!

 

普段から体を動かしていない、歩いていない妊婦さんは、出産に向けて骨盤が広がり過ぎて、骨盤が歪みやすくなっています。
面倒くさがらず、腰が痛くなる前に、ぜひごろごろしてみてくださいね。

妊娠中の腰痛は、ほんとに辛いです。

そして、すごく不安になりますから!

 

大阪狭山市 AllaMarca アラマルカ
妊婦さんのマタニティマッサ-ジと産後骨盤ケア専門
*妊婦さんの整体・・・マタニティコース
*子育てママの骨盤ケア・・・産後ママコース
*教室・・・赤ちゃんに学ぶ産後の骨盤ケア教室
ご予約フォーム / お問合せ
pagetop