大阪狭山市 妊婦さん産後ママの骨盤ケア専門アラマルカ 安全なマタニティマッサージと産後骨盤矯正スクール    

マタニティ骨盤ケアスクールin京都

娘を出産後、はじめてのセラピストのためのマタニティ骨盤ケア講座でした。
京都でのレッスン。電車に揺られ、ドキドキしながらサロンに到着。
すると…

町屋!!??
扉をあけると...

The京都!なんて素敵な空間でしょう!

こちらのサロンオーナーKさんとスタッフFさんへレッスンさせてもらいました。
サロンではすでにマタニティメニューがあるそうですが、新しいスタッフへの研修&メニューリニューアルとして受講をお申込みいただきました。


マタニティケアは妊婦さんとおなかのベビーのために安全第一。レッスンでは妊婦さんを不安にさせないタッチングをメインにお伝えしています。

特に骨盤まわり(腰やお尻のあたり)のケアは慎重に、丁寧に。
妊娠中はお尻って触っていいのかな?痛くないかしら?と不安を感じていたり、イマイチ骨盤の形も分からず触っているセラピストさんが多いです。
その不安や戸惑い、手からしっかり伝わっています。

目を閉じるとわかる!

模型を使って骨盤と筋肉の関係を解説します。それから目を閉じて手の感覚で触る練習もします。視覚に頼らないほうが骨盤の形がクリアになるし、そこです!という気持ち良いポイントに手が導かれていきます。

手の感覚はすごく繊細にできているので、目からの情報をシャットダウンすることで、もっと体と会話できるようになるはずです。

難しそうに感じますが、実際やってみると意外と簡単。
コツはゆっくり&手の力をぬくこと。そのためにまずセラピストの姿勢改善からレッスンをスタートすることが多いです。

今回は、受講される方がお2人なので相モデルで何度も施術を体験。施術モデルのときは癒され過ぎてほとんど寝てましたが、寝ちゃうくらい気持ち良いリズムとタッチングということでOK。
こんな落ち着いた素敵な空間で妊婦さんのケアができるなんて!来店される妊婦さんが本当にうらやましいです。

最終日は来年1月。それまでまた練習を重ねて、最終チェック後はすぐにマタニティコースを再スタートできそうとのこと。
私も楽しみです。

 

大阪狭山市 AllaMarca アラマルカ
妊婦さんのマタニティマッサ-ジと産後骨盤ケア専門
*妊婦さんの整体・・・マタニティコース
*子育てママの骨盤ケア・・・産後ママコース
*教室・・・赤ちゃんに学ぶ産後の骨盤ケア教室
ご予約フォーム / お問合せ

あの頃の自分にパンチしたくなった話し

産休のお知らせ
2018年11月より営業再開

そういうときもあるんやでーーーー。

 

写真は先月の1コマ。初めて海を見に行って砂浜で遊ぶかと思ったら、躊躇なく服のまま海に突っ込んでいきました。波にのまれても「へへ。」笑ってるし・・・。
それからしばらく思い出しては「うみ。ざぶーん。」と呟いて、よっぽど楽しかったみたいです。

 

さてさて、11月の営業再開に向けてホームページをみながらセラピストのためのマタニティケア講座産後の骨盤ケア教室のカリキュラムを修正しています。

講座受講の注意事項やキャンセル規定をみているとなんと高飛車な書き方してるんだろう。恥ずかしくて「きゃー!」と叫びたくなりました。
もう見ちゃおれん!ぱぱっと消して書き換えたので、今は見れないんですが…

こどもが病気?しかし当日キャンセルなんてありえんで!こっちは迷惑するんやで。分かってるんやろな。おらおら~。

そこまで書いてないんですが、ニュアンスはこんな感じ。

本当に。本当にすみませんでした。と当時の受講生さんやお客さまに言いたい。

 

子どもが病気を良くするのは分かってたつもりですが、そのときの親の心境なんて全然分かっちゃいない書き方ですよね。こちらの都合だけを主張してますがな。あぁ。もうやだ。やだやだ。あの頃の自分、殴ってやりたい。

誰も子どもを病気にしたい訳じゃないし、元気でいてほしい。
子どもはいつ熱が出るなんて分からなくて。でも勉強して今後に活かしたい。サロンを始めたい。すごい葛藤があるのに、上から目線でぴしゃり。とプレッシャーかけられたらどうしようもないですよ。

 

じゃあそのへんをどう解決するか。
臨月、産後すぐなど、焦って受講すべきでない時期はお断りしていますが、お子さんが小さいうちはどうするか。
ご主人やおばあちゃん。ご家族の協力と理解が必要だと思います。

マタニティセラピスト!やりたいことはこれだ!
出産してずっと家で過ごしていると社会から取り残された気分になってしまうママもいます。(私は今そんな感じ)
だから、気持ちが盛り上がって勢いのまま講座を申し込み送信ぽちーー!

でもちょっと待って。今、勉強しても無駄になっちゃいませんか?落ちついて勉強できる状況ですか?このタイミングで大丈夫ですか?

冷静になっても気持ちは変わらない、ご家族の応援や理解がある形のほうが絶対講座もその後も上手くいきます。

 

マタニティケア講座はこんな方にのページに下記の案内を追加しました。

妊娠中、産後すぐ、お子さまがまだ小さいママ

また妊娠中、産後すぐの方の受講はお体と赤ちゃんを第一に考えて、落ちついてからご連絡いただくことをオススメします。
小さいお子さんのお母さんも、お子さんの預け先や体調変化した場合など、長時間の講座を受講する場合は、ご家族の協力が不可欠です。早くサロンをオープンしたい!学びたい!社会復帰したい!と気持ちが熱く昂ぶってしまいがちです。受講を焦っていませんか?講座受講について、ご家族と相談されましたか?
いま一度冷静に検討する時間を設けてみてください。

 

私もまだ出産して4ヶ月足らず。
営業再開を焦ってる節があるので、このブログを書きながら冷静さを取り戻しています。
自分の体調。子どもたちに負担をかけないか。夫は応援してくれてるか。うみを寂しがらせないか。

そういうのを考えると、体のリハビリみたいに焦らずちょっとずつ。でも長く続けていけるようにしていこうと思います。
スタートダッシュは長続きしませんからね。

 

セラピストのためのマタニティケア講座再開します。

産休のお知らせ
ただ今育休中です
営業再開は2019年春頃を予定しています
2018年11月より営業再開

2013年、芦屋川駅前のサロン!懐かしい写真です。

 

セラピストのためのマタニティケアセミナー、10月くらいから再開します。

出産後、1週間くらいしてからセミナーの問合せがありました。
育休中に気付かずご連絡をくださったHさん。

「できれば早く学びたい!」
メールからひしひしと伝わってきました。

出産して退院してすぐ。このタイミングでレッスンの問合せがあったのは、仕事を再開するタイミングでもあるのかも。。。

そう感じて、10月くらいにレッスンしましょう!と決定。

タイミングってとても大切です。

 

「2人の子どもどうするんや~。」とか「体は戻ってるんかいな~。」とかいろいろ心配事はあるけど、あれこれ考えてるといつになっても行動ができなくなります。そして、決めてしまえばなんとかなるもんです。

我が家サロンは、うみのこともあってしばらくお客さまを呼ぶのは難しく、、、詳しくは保護犬うみの成長

 

今回のセミナーも私が出張してレッスンさせてもらうことになりました。

Hさんのサロンは神戸市の西舞子、海岸にあって最高のロケーション。

リゾート気分で伺ってもいいのかしら。いや、ちゃんとマタニティケアお伝えにいきます。

久しぶりのセミナー。楽しみです。

 

 

産後の骨盤ケアインストラクター講座レポート

産休のお知らせ
2017年11月より、妊娠、出産準備のため長期休業中です。
営業再開は2019年春頃を予定しています
2018年11月より営業再開

安定期に入りました。
大好きなお酒も呑めないのに、二日酔いみたいだった気分の悪さから解放!

「あー、この感じ。普通ってなんてステキ。」

普通がいちばん。平和がいちばん。

 

さて、昨年の12月のこと。
産後の骨盤ケアインストラクター講座
を開催しました。

講座内容はリニューアル中ですが、芦屋での赤ちゃんに学ぶ産後の骨盤ケア教室に参加してくださったNさんが受講を希望してくださって。

え!ほんと?うれしい!それならば!と、食べつわりも吹っ飛ぶくらい嬉しくなってしまいました。
急遽カリキュラムをまとめ、2日間にわたってレッスンをおこないました。

1.妊娠~出産~子育てで変化する骨盤について
・骨盤の歪み、傾きをみる

2.姿勢のチェック方法
・重心位置の違い

3.体の土台を作る
・足指のリハビリ方法

4.赤ちゃんに学ぶ体リセットエクササイズ
・赤ちゃんの発達について
・基本機能の改善
・骨盤を内側からひき締める呼吸法
・子どもと一緒に楽しむエクササイズ

5.子育て中の姿勢を改善
・自然な立ち方 座り方など

カリキュラムはだいたいこんな感じ。

3歳のお子さんがいるNさん。
ご自身の産後が本当につらかったそうです。
今後の自分のため、妊産婦さんのためにも知識を学びたいと思ったそうです。

*首の可動域が広がった

*寝つきと睡眠の質が上がった

*股関節周りがすっきり

*肋骨とヒップラインが違う!

と、レッスン後にすぐに効果を実感してくれました。

そして、レッスンが「すごく楽しい!」と笑顔で言ってくれました。

講師としては、この体の変化を一緒に感動してもらえて、楽しんでもらえるのが至高の喜び。

しかも、これだけの動きで?というところがミソ。

「そうでしょ!そうでしょ!そうなんですよー。」をくどいくらい連発してたと思います。

 

ただ、動きのコツとポイントを頭で理解して体感できるかは、なかなか個人差があるところ。

Nさんの場合は、産後のがちがちになった体がほぐれて、全体のつながりがでてきたところで、お伝えしてることがようやく腑に落ちる。体が変わる。といった感じでした。

産後、時間が経っていても、効果はでるんですね。

 

勤務先の整骨院でも患者さんにすぐに伝えていきたいとのこと。
喜んでもらえたらいいなぁ。がんばってくださいねー。

 

産後の骨盤ケア講座の内容は、本当に簡単です。
ただ、伝えるのがとても難しいかもしれません。

産後の骨盤ケアインストラクター講座では、伝え方のバリエーションやポイント、動きの見方をじっくり学んでもらいます。

でも、自分の体が変わる。
というのがまずいちばんのポイントです。

体をリセットして、整える。
ニュートラルな状態になると、アラ不思議。

ヒトの姿勢、動きの見え方が変わってきます。

これは、専門的な知識がない方でも実感してるので、受講される方ならなおさらなはず。

 

:::::::

産後の体は、本当にボロボロです。
でも、しんどいからといってなにもせず放置していたら、とんでもなくもっとボロボロになってしまします。
旦那さんには鬼の形相になるでしょう。
かわいいベビーに笑顔を向けられず自己嫌悪。。。
そして、産後鬱になってしまうかもしれません。

出産の疲れ、育児の疲れの解消に。
妊娠、出産で変化した体を整える。
子育てにちょろっと余裕を持ってもらうために、産後ケアを伝えるセラピストが必要です。

セラピストのためのマタニティケア講座でした。

アメリカからご実家の福岡県に帰省中のKさま。

今回は、ブラッシュアップ講座。復習と技術チェックもろもろ。
サロンのマタニティコース導入を目指して最後のレッスン受講のために、台風をすり抜けてお越しくださいました。

2人のお子さんとご両親の計5名。我が家サロンは大賑わい。

子どもたちはやっぱりママに群がります。

息子とほぼ同じころ生まれたAちゃんと。

仲良くお昼寝。
お昼からは、子どもたちがねんねしたのでとても静かになりました。

 

Kさんとの初めての出会いは。4年程前。
長女のMちゃんを妊娠中に芦屋のサロンにご来店。一度施術を体験されました。
それから2年後でしょうか。マタニティ骨盤ケア講座マタニティリフレクソロジー講座を受講してくださって、今回ついにブラッシュアップ講座(メニューにはまだ載せていません)。
その後、出産時期がほぼ一緒になりびっくり。
同じころ生まれたベイビー2人が出会って仲良く遊んでる姿は、とっても微笑ましかったです。

 

アラマルカのホームページをみたのをきっかけに、こんなにお付合いができるなんて、なんて素敵なご縁なんでしょう。

Kさんはこれから妊婦のお客さまを迎えるための準備がスタート。
復習してモニターさんで練習、マタニティコース作り、ホームページで告知、いよいよ!

なかなか時間はかかりますが、時間をかけても必ず実現されると思います。
そのくらい行動力があって、気持ちがブレない女性だなぁと感じます。

 

アメリカでサロン!すごいですね。
きっとKさんのマタニティケアを必要としていて、待ち望んでる妊婦さんはたくさんいます。
これからのご活躍が楽しみです☆

 

pagetop