大阪狭山市 妊婦さん産後ママの骨盤ケア専門アラマルカ 安全なマタニティマッサージと産後骨盤矯正スクール    

妊娠中の倦怠感。原因はごはん!

産休のお知らせ
妊娠出産準備のため長期休業中
営業再開は2019年春頃を予定しています
2018年11月より営業再開

妊娠中期から後期にかけて、毎日ひどい倦怠感で憂鬱でした。

妊娠初期のむかむかが原因のものとは全然違う感覚。
とにかく重だるくてなんにもしたくない。

体重もどんどこ増える一方で、今日も息子と公園行くのかーと思うとぞっとしてました。

妊娠9カ月を目前にしたある日。
胃腸炎で3日間ほとんど食べれない日が続き、その後も食事量を普段よりかなり控えめにしました。

あら!するとどうでしょう!

体がめちゃくちゃ楽。
軽い!
楽しい!!

あ!あの倦怠感の原因て、食べ過ぎてたからだったんだ!!

ようやく気付きました。

息子と公園にいかないと。
体力いるし、おなかの赤ちゃんのためにもしっかりめに食べよう♪
ごはん、おいしーなー。

ふ~。だるい~。
もしかしてエネルギー足りてない?もっと食べよう!

なぜ気付かない??すごい悪循環でした。

お米が大好きで、1合くらいはぺろりといってたかもしれません。

そりゃあ、胃腸にも負担がかかります。
常に消化しないといけない状況です。

胃は子宮で圧迫されてるし、いつも食べ物が入ってくるしで休む暇はありません。
消化不良を起こして、老廃物が体に溜まりやすくなります。
そうなると、胃腸だけでなく体の解毒作用を担ってる肝臓も機能低下をおこします。
内臓が弱ると血流が悪くなって体も冷えます。

活動的になんてなるはずがありません。

それからは、基本的におなかが空くまで食べないことにしました。
昼ごはんは普通に食べて、朝夜はかなり少な目。

内臓が元気になってきて、体の毒素が抜けてきたんでしょうね。
この体の軽さ!血液が流れてるのを実感します。

その結果
→睡眠の質が良くなった
→お通じが改善した
→体重の増加がすごーくゆるやかになった
→鬱々しなくなった

お外は楽しいで!

息子と散歩にいくのも億劫ではなくなりました。ほんとに良かった…

妊娠中の倦怠感、疲れやすさはホルモンバランスの変化、働き過ぎ、ストレスなどもあります。
私の場合は、単純に食べ過ぎが原因。

妊娠中てちょっとしたことで体のバランスが崩れます。
内臓が元気てとても大切で、食生活はほんとに基本になりますね。

大阪狭山市 AllaMarca アラマルカ
妊婦さんのマタニティマッサ-ジと産後骨盤ケア専門
*妊婦さんの整体・・・マタニティコース
*子育てママの骨盤ケア・・・産後ママコース
*教室・・・赤ちゃんに学ぶ産後の骨盤ケア教室
ご予約フォーム / お問合せ

pagetop